もっともっとMotoGPブログ

MotoGP、PCの話題を中心に、日記を綴っていきます。たまには脱線もありです。

「MotoGPを見に行こう!」を合言葉に、普及活動中の応援サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

Paint.NET レビュー 「第3回 プラグイン」

Paint.NET レビュー 「第3回 プラグイン」

今回はPaint.NETのプラグインについてふれます。
今日現在Paint.NETにて公開されているプラグインは
「Code Lab」「Difference Effects」「EmbossEffect」の3つあります。(3つとも画像にeffect(効果)をかけるものです。)

プラグインの入手先
http://www.eecs.wsu.edu/paint.net/plugins.htm

それぞれのプラグインはzipファイルで公開されているので
欲しいプラグインに対応するzipファイルをダウンロードします。
(CodeLab.zip、DifferenceEffects.zip、EmbossEffect.zip)

インストール方法
インストールは簡単です。入手したzipファイルを解凍し現れたDLLファイルをPaint.NETのインストールフォルダ直下にある「effects」フォルダにコピーするだけです。
(デフォルトではC:\Program Files\Paint.NET v2.1a\Effects)

使用方法は画像をPaint.NETで開いた状態でメニュ項目「effects」のプルダウンメニュよりプラグインを選択すると画像が変化します。

プラグインに含まれている「effect」は、
「Difference Effects」には「Edge Detect」と「Relief」
「Emboss Effect」は「Emboss」が含まれています。
「Code Lab」は特殊でeffectのコードビルダーとなっています。
ただコード作成用に付属しているサンプルでも画像にeffectをかける事が出来ます。

実際にプラグインを使用した画像です。

「元画像です」
bfrpNET.jpg


「Relief」
relief.jpg


「Edge Detect」
edgedt.jpg


「Emboss」
emboss.jpg


「Code Lab」を起動したところ

pncode.jpg

このウィンドウの「Load Source」ボタンでプラグインを解凍したファイルにある「Samples」フォルダーのなかのCSファイルを選択し「OK」をクリックすることで効果をかける事が出来ます。
次は「Code Lab」のサンプルを使用した画像となります。

「Weird.cs」
weire.jpg


「Wavey.cs」
wavey.jpg


「wave.cs」
wave.jpg


「Outline.cs」
outline.jpg


「Edge.cs」
edge.jpg


「ChromeWall.cs」
chrome.jpg


「Awesome.cs」
awes.jpg


この画像ファイルの置き場の関係で鮮明で大きい画像を載せられないので見にくいと思いますが、ご勘弁を・・・
なんとなくニュアンスが伝わればと思います。

Paint.NETには履歴(History)機能があるので試しで効果をかけて
気に入らなくてもすぐに元に戻すことができます。
なのでいろいろやってみるのが一番ですね。
ではまた。
スポンサーサイト

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kobacho.blog4.fc2.com/tb.php/93-34008efc
この記事へのトラックバック
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。