もっともっとMotoGPブログ

MotoGP、PCの話題を中心に、日記を綴っていきます。たまには脱線もありです。

「MotoGPを見に行こう!」を合言葉に、普及活動中の応援サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MotoGP カタルニアGP 決勝後のコメント

昨晩のMotoGP カタルニアGPを終えたライダーのコメントを集めました。
20050613093040.jpg


V・ロッシ選手(優勝)
「オープニングラップは大勢が争い激しいファイトになった。ジベルナウがハイペースをつくり、僕はそれに全力でついて行った。序盤からタイヤの右側に問題が出ていたが、ジベルナウのほうもスライドし始めていた。終盤は本当にきつかったが、コーナリングが好調で気分良く走ることができた。このようなコースで、ラスト3ラップでファステストラップが出るなんて信じられないくらい。。最終ラップは去年よりも2秒近く速く、これはミシュランが耐久性向上に成功したことを証明している。
実はスペインのファンのリアクションを少し心配していたが、来てみたらあたたかく迎えてくれた。スペインのモーターサイクル・ファンは熱狂的で本当にあたたかい。だからいつもここのレースが楽しみなんだ」

(やっぱり心配していたんだ)
r6ros.jpg


セテ・ジベルノー選手(2位)
「チームがすばらしい仕事をしてくれた。バイクはとても良かった。中盤まではいいペースで走ることができてコンマ数秒のアドバンテージを作ることができた。最後の8ラップで、左コーナーでスライドが激しくなってペースを保つのが難しかった。今週、ずっと応援してくれたファンには申し訳ないと思っている。でも、いいレースができた。みんな楽しんでくれたと思う」

(あまり悔しさが見えてこないです。もうあきらめちゃたのかな?)

マルコ・メランドリ選手(3位)
「厳しい戦いだったが、信じられないようなレースだった。いいスタートが切れた。先頭グループについていこうと思った。実際に、いいペースで走れたし、先頭にも立てたけれど、ニッキーに抜かれたときにワイドになって、バロスにも抜かれて5位に落ちてしまった。そこで、先頭の2人に逃げられてしまって、挽回できなくなった。それでも3位に入って、とてもハッピーだ。自分の中の戦いに勝てたからね。ムジェロよりもいい感じで走れた。コンスタントにいい走りができるようになって表彰台にも上がれた。すべての人に感謝したい」

アレックス・バロス選手(4位)
「表彰台に上がりたかったけれど、こういうレースをしたのは久しぶりなので、とても嬉しい。マルコとニッキーと素晴らしいバトルができたからね。今日はいいスタートだったし、すぐにトップグループに加わることができた。6ラップ目あたりで、ブレーキングに問題が出て、厳しかった。最後はニッキーを抜いて、最終ラップにマルコを抜こうと考えていた。6コーナーで抜こうと考えていたのだが離れすぎていた。9コーナーでもだめだった。悔しいけれど、今日はいいレースができた。次戦のアッセンは大好きなので楽しみにしている」

(やっぱり長年GPに残っていられる走りでした。老獪です)

ニッキー・ヘイデン選手(5位)
「レース全体がドッグファイトのようだった。オープニングラップはいいスタートで数台を抜くことができた。トップグループから離れないように、ベストタイムでギャップを詰めようと思った。3位を走行しているときは、ステディに走行して引き離そうとしたが、ペースを上げられなかった。最後の数ラップはすごい戦いだった。順位がめまぐるしく変わった。今日はいいレースができたし、表彰台に上がりたかった」

マックス・ビアッジ選手(6位)
「今日は、前回のムジェロとは違うバイクを選んだ。ブレーキングが良かったからなのだが、レースでは、ハンドリングとコーナリングが最悪で、結果的にタイヤに厳しい走りになってしまった。本当に残念な結果だった。次のアッセンは頑張らないといけない」

(レプソルはイタリアGP前よりよくなっていますが、まだまだのようですね)

C・エドワーズ選手 (7位)
「レースタイヤのテストにミスがあった。昨日の午前中と今日の決勝とでは気温がずいぶん違っていたんだ。結局チョイスミスをしてしまった。レース後半はフル・リーン中にリアがグリップせず、コーナリングでマシンを起こさなければならなかったし、何度も大きくはらんだ。フロントタイヤはとても良かっただけに残念だ。結果は満足のいくものではなかったが、多くを学ぶことができた」

トロイ・ベイリス選手(8位)
「予選は思うようにいかなかったが、今朝のウオームアップでいいフィーリングになった。スタートは僕のレースキャリアの中で最悪だった。1周目18番手という絶望的なポジションだった。それでも、何とか挽回しようと全力で走った。最終的に8位になることができた。いい方向に向かっていることを感じている。明日からのテストで、次の一歩を踏み出したい」

玉田誠選手(リタイア)
「スタートはまずまずだった。序盤は大混戦となったが、それほど速いペースではなかった。自分もプッシュして走っていたわけではないが、右高速コーナーでフロントからあっという間に転んでしまった。今日は、セテとロッシが逃げると思っていたし、ついて行こうと思っていた。さあ、これからだと思っていたときだったし、すごく残念だ」

(トップグループに絡んだレースを最後まで観たかったです。次回に期待)

と言うわけで、次回MotoGPは第7戦オランダGPがアッセンで開催されます。なお他のGPと異なり、6月25日の土曜日が決勝日となっているので要注意です。

オランダGPはウェットレース(雨)になることが非常に多く心配です。
中野真矢選手(9位)
「1日目、2日目と、決勝に備え順調にタイヤやセッティングを決めていった。安定したタイムが出せていたのだが、それでもトップとの差が1秒以上あり厳しい戦いになると思っていた。
予選は、12番手とあまり良くなかったが、それでもコンスタントなラップタイムが出ており、決勝には手ごたえを感じていた。
決勝は1周目からいいペースで走ることができ、その後も少し離されてしまったが、トップも見える位置で走っていたので、何とか喰らい付いて行こうと思って走った。
しかし、中盤からペースが上がらず、後ろとも10秒以上差がついていたのにもかかわらず、結局最終ラップで追いつかれてしまい順位を落としてしまったのが非常に残念だ。
それでもブリヂストン勢では最上位でゴールし出来たことで、色々な意味で僕らのセッティングの方向性が間違っていないことが確認できた。
この調子を次に繋げたい。」
(中野真矢選手のコメント追記しました)
スポンサーサイト

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kobacho.blog4.fc2.com/tb.php/120-02dc2d04
この記事へのトラックバック
決勝後のコメント MotoGP第6戦 スペイン カタルーニャGPカタルーニャGP決勝、結果的にはDUCATI勢は全く良いところ無し。どうもやはりブリジストンタイヤとこのサーキットとの相性が良くなかったらしい。カピロッシとチェカはそれぞれレース中盤では、4周に渡って近い位置でお
2005/06/13(月) 20:26:08 | DUCATI INDEX
DUCATI INDEXは、もともと自分のS4にまつわる話と、ツーリング日記なんかをつけようとして作ったBlogです。そして、DUCATI関連で、特に自分が良く訪問するサイトを集めたリンク集として、自分でも使えれば便利かな、と思って\"INDEX\"と命名したもんです。(今考え
2005/06/15(水) 09:05:46 | DUCATI INDEX
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。