fc2ブログ
もっともっとMotoGPブログ

MotoGP、PCの話題を中心に、日記を綴っていきます。たまには脱線もありです。

「MotoGPを見に行こう!」を合言葉に、普及活動中の応援サイトです。

Paint.NET (フリーソフト)を導入してみました

Paint.NET レイヤー対応のフリーのペイントソフトです。
これは米マイクロソフトの支援をうけオープンソースで開発されている物で、ここでは「v.2.1a」を取り上げます。

機能としてはいわゆるペイントソフト(PhotoShopなど)の一般的機能である「レイヤー機能」をはじめとして、「レイヤー」ごとに「透明度」や「描画モード」を設定可能。
各種フィルタとして、「シャープ」、「ぼかし」、「モザイク」、「油彩」等の機能、
調整項目として、「色調」、「彩度」、「明るさ補正」、「赤目補正」、「ヒストグラム補正」、「自動レベル補正」等。
各種ツールとして、「コピースタンプツール」や「自動選択ツール」等の機能も備える。
日本語文字の入力も可能。

PaintShop不満だった「ツール」や「レイヤー」などの「パレット」が作業領域を邪魔する点が、このソフトでは、作業中の「画像」と重なると「パレット」は自動的に半透明になる。このことにより、「パレット」で隠される部分が少なくなるため、作業しやすい。

対象O/S:Windows 2000、XP、Server 2003
必要環境:Microsoft .NET Framework1.1

準備:
さてインストール前に必要環境にある「Microsoft .NET Framework1.1」をインストールしておきましょう。これは「WindowsUpdare」から入手可能ですので簡単にインストールできます。(詳細は割愛させていただきますが)
「Microsoft .NET Framework1.1」にはServicePack1がリリースされているので、これをインストール後、忘れずに適用してください。
(インストール後、もう1度「WindowsUpdare」を実行すれば適用できます。)
(「Paint.NET」のダウンロードパッケージに「Microsoft .NET Framework1.1」を含んだパッケージ「Paint.NET Full Installer」というものも公開されています。SP1も含んでいるかは未確認です)

「Paint.NET」を入手します。
入手先URL:http://www.eecs.wsu.edu/paint.net/download.htm

こちらのサイトよりダウンロードします。
(いくつかある「Paint.NET Installer」パッケージを適当なミラーサイトからダウンロードしてください。)

インストール開始:
ダウンロードした「PaintDotNet_2_1a.zip」を解凍してください。
解凍し現れた「PaintDotNet_2_1a.msi」を実行します。

「License Agreement(使用許諾)」を確認し同意される方は「I agree」を選択し、「Next」をクリック。

「Default Image Editor」では、ファイルとプログラムの関連付けを決定します。もし「JPEG」、「PNG」や「BMP」ファイルをこのソフトで優先的に開くのであれば
「Use Paint.NET as the default image~~」のチェックボックスを「ON」してください。
自分はまだこのソフトの検証段階なので「OFF」です。
(今後メインで使用するようになってとしたら変更しますが)
「Next」をクリック。

「Select Installation Folder」ではインストールフォルダを指定してください。
(通常デフォルトでいいでしょう)
その下にある「Install Paint.NET v2.1a for~~」は
このソフトを使用するユーザの指定です。
インストールされるPCでのローカルユーザすべてで使用されるなら「Everyone」を
インストールを実行しているユーザのみで使用するなら「Just me」を選択します。
(「Administrator」ログオンで「Just me」を選択しインストールしたのに、導入した人が、普段使用している「ユーザ」でログオンしてこのプログラムが使えないとか・・・まぁないと思いますが、一応ここで言う「ユーザ」はPCに作成してある「ローカルユーザ」のことです。)

この後は「Next」数回クリックでインストールが始まり、終了します。
(再起動は要求されません)
起動:
起動してみます。・・・速い「PhotoShop」の半分以下くらいの体感です。
(環境によって違うと思いますが)
簡単な動作チェックしてみました。インターフェースは使い易そうですね
特にヘビーにペイントソフトは使用していない(Web素材用にデジカメの写真を加工するくらい)のでまだなんともいえませんが、しばらく使用してアップするつもりです。

プラグイン:
ダウンロードサイトに「Plugins...」とあるのでクリックしてみてください。
http://www.eecs.wsu.edu/paint.net/plugins.htm
このサイトにあるサンプルで確認し必要な「Plugin」をダウンロードしてください。
ダウンロードした「zip」ファイルを解凍し、解凍された「dll」ファイルを「Paint.NET」のインストールフォルダ直下にある「Effects」フォルダにコピーしてください。

Sampleです
bfrpNET.jpg
before

aftpNet.jpg
after


市販のペイントソフトは高いのでFreeのものを使いたいのですが
なかなかユーザインターフェースとか使用感とか機能とか試用するのも辛いものもあるなか、このソフトはしばらく使ってみて様子を見ようととりあえず思えるソフトです。
まだ自分も使い込んでいないので「お勧め」とまで言えませんが、
お試しを・・・・

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MS月例修正パッチ1件のみ??

マイクロソフトの月例更新パッチが発表されましたが
今回は、Windows 2000の重要な脆弱性が1件のみ?
5月版としてセキュリティ修正プログラムを公開したようです。

MS05-24:エクスプローラ上で悪意のあるファイルを選択すると任意のコードが実行される。

対象OS:Windows 2000 Windows 98/Me

対象条件:エクスプローラの設定で「フォルダで Web コンテンツを使う」オプションを有効している場合のみ発生する。


対策:Win2000は「WindowsUpdate」等で修正プログラムを入手&適用してください。
Windows 98/MeはPTF提供されていないため、エクスプローラのオプション設定の「フォルダで Web コンテンツを使う」を「従来の Windows フォルダを使う」へ変更してください。

多いのも困りものですが、1件とは・・なんか寂しいですね~
って感覚麻痺してるんでしょうか?


↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

Firefoxに重大なセキュリティ脆弱性がみつかった

GW明けですが・・・
またまたFirefoxに関する2つの重大なセキュリティ脆弱性が、報告されたようです。
今回も前回と類似しているのかテンポラリ対策として、
JavaScript を一時的に無効にするか、
ソフトウェアインストールを無効にする事。だそうです。

次回のセキュリティアップデート(v.1.0.4)では解決されるようですね。
これは近日公開予定ということです。
とりあえず公開前ですし、「重大な」となっていますから
上記のテンポラリ対策をやっておきましょう。

なんだか最近、Firefoxのセキュリティ脆弱性がちょろちょろ出てきますね。
少しはメジャになったのかな?

テンポラリ対策の方法はこちらに図付きででていますので参考にしてください。
(ただしブラウザの使用方法によっては使い勝手が悪くなります)
http://www.mozilla-japan.org/security/temp/b293302/

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

IBM ThinkPadからレノボ ThinkPadへ

とうとうゴールデンウィーク明け、5月の第1週からレノボジャパン(株)が営業開始されます。
この会社は、IBMとLenovo(レノボ)社(中国)のPC事業を統合した新会社です。
今までIBMブランドで販売されていた「ThinkPad」、「ThinkCentre」(デスクトップPC)を始めとする「Thinkファミリー」がこの新会社へ移管されることになってます。
このことは、USから中国への技術流出等でもめて、結構ニュースになったのでご存知の方も多いと思います。

現在IBMで取り扱っているPCだけが今回対象との事ですが、
近い将来「xseries」、「iseries」、「pseries」、「zseries」等も別会社に移管され
IBMはハードウェアの開発や販売から手を引きソリューションやサービスの販売会社になるような気がします。

IBMには現在関わりはないですが(以前はあり)少々さびしい気持ちになりますね。

私はIBM「ThinkPad」を愛用しています。(現在3代目)
この「ThinkPad」のキーボードは秀逸で、さすが以前タイプライターを製造販売していたメーカだと感じます。(そういえばIBMタイプライターも随分前にLexMark社に移管されたっけ。)
あとは、国産にはない堅牢な感じ、とかIBMブランドというものに魅力があるのですが・・・・・・これからどうなることか??

一応IBMはこう言っています
「IBM PCの製品ブランドである「ThinkPad」、「ThinkCentre」を始めとする「Thinkファミリー」のブランド名称は新会社に継承されますが、新会社においても、IBMロゴをはじめとしたデザイン上の
変更はなく、これまでの製品開発体制をそのまま継承し、従来同様の厳しい品質管理基準を用い,同じスタッフによる開発を進めてまいります。」

とりあえず、PCにIBMロゴは残ります・・か、私の物欲がかきたてられるものを開発、販売しつづけてほしいものです。

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

トレンドマイクロ大丈夫か~

なにやらトレンドマイクロが大変なことになっていますね。

土日に官公庁や一般企業でネットワーク障害が多数発生しているというニュースは見ていましたが、原因はバスター(ウィルスバスター)だったのですね。
このニュース見たときは、土日だったので某国からの反日DoSとかDDos攻撃じゃないの?とか思いましたが・・・・失礼しました。

結局はウイルスバスタのパターンファイルの不具合で、
PCのCPUの使用率が100%になり、PCの動作が極端に遅くなるというトラブルでした。
問題のウイルスパターンファイルは「2.594.00
原因は、「パターンファイルのコードミスをテスト工程で発見できなかったこと。2.594.00の新機能として、ボット(bot)プログラムが使う「UltraProtect」という圧縮形式に対応したが、この形式の検査機能にコードミスがあり、特定の条件下で処理が無限ループになってCPUを占有。CPUを100%使用してしまい、PCが実質的に動かなくなった」ということです。

新機能を搭載したりした場合、通常よりもテストやチェックをより多く、深く行うのは当然なのに・・・

まあ土日だったのが幸いだったです。平日であればちょっと恐ろしいですね。ベンダーSEはトラブル対応で火の車・・・

大きなニュースになってしまったのもユーザー対応には好都合だったりして(トレンドマイクロさんには悪いですが)

でもプライベートでPCの素人さんにはバスターを勧めていたりしたので、残念です。(自分はavastを使っていますけど・・Freeなんで)

とはいえ大型連休の前後にウイルス被害はでやすい傾向にあるので
対策はしっかりしましょう!


↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

OpenOffice.org セキュリティパッチ公開

OpenOffice.org1.1.xに、「ヒープオーバーフロー」のセキュリティホールが発見されたそうです。
これは、悪意があるMicrosoft Wordのファイルを読み込んだとき、
プログラムの動作が不安定になる恐れがあるというものです。

OpenOffice.orgを使用している場合、セキュリティアップデートプログラムを適用するか、信頼できないMS Word形式のファイルを開かないことで回避してください。とあります。

対象バージョン:
OpenOffice.org 1.1.x、OpenOffice.org 2.0 ベータ・開発版

対策:
OpenOffice.org 1.1.xに関しては「1.1.4+セキュリティアップデートプログラム」
OpenOffice.org 2.0 ベータ・開発版は「1.9.m95」で対応予定とあリます。

OpenOffice.org 2.0 ベータ・開発版を使っている私はしばらく「Writer」は使えないかも・・・
「ざっくり探したけど無さそう」

http://www.forest.impress.co.jp/article/2005/04/18/ooo14patchjp.html

http://ja.openoffice.org/1.1.4/security.html

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

Firefox v1.0.3 日本語版リリース

4月17日 Firefox1.0.3日本語版がリリースされています。
解決されたセキュリティ問題点はこちらです。
MFSA 2005-33 JavaScript の「ラムダ」置き換えにより、メモリの内容が読み出される
MFSA 2005-34 PLUGINSPAGE 属性を利用した特権付きスクリプトの実行
MFSA 2005-35 ブロックされた「javascript:」形式のポップアップを表示する際に、誤った特権付きコンテキストが用いられる
MFSA 2005-36 グローバルスコープ汚染を通じたクロスサイトスクリプティング
MFSA 2005-37「javascript:」形式の favicon を通じたコードの実行
MFSA 2005-38  検索プラグインを通じたクロスサイトスクリプティング
MFSA 2005-39 Firefox のサイドバーパネルを通じて任意のコードが実行される (2)
MFSA 2005-40 インストールオブジェクトのインスタンスチェック欠落
MFSA 2005-41 DOM プロパティの上書きを通じた特権の拡大

もう眠いので適用は明日(今日)寝てから・・・ということで
うん~手抜き~眠い・・・・

http://www.mozilla-japan.org/products/firefox/releases/1.0.3.html

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑