もっともっとMotoGPブログ

MotoGP、PCの話題を中心に、日記を綴っていきます。たまには脱線もありです。

「MotoGPを見に行こう!」を合言葉に、普及活動中の応援サイトです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MotoGP第3戦中国GPの決勝結果&コメント集

昨日行われた。MotoGP第3戦中国GP 決勝結果&コメント集です。

残念ながら天候は雨。ウェットコンディションでした。

1位 バレンティーノ・ロッシ Gauloises Yamaha Team 139.304
2位 オリビエ・ジャック Kawasaki Racing Team +1.7
3位 マルコ・メランドリ Movistar Honda MotoGP +16.574
4位 セテ・ジベルナウ Movistar Honda MotoGP +18.906
5位 マックス・ビアッジ Repsol Honda Team +19.551
6位 ユルゲン・ファンデン・グールベルグ Konica Minolta Honda +21.622
7位 ジョン・ホプキンス Team Suzuki MotoGP +25.883
8位 コーリン・エドワーズ Gauloises Yamaha Team +31.033
9位 ニッキー・へイデン Repsol Honda Team +39.299
10位 ルーベン・チャウス Fortuna Yamaha Team +40.991
11位 アレックス・バロス Camel Honda +44.014
12位 ロリス・カピロッシ Ducati Marlboro Team +44.401
13位 ジェームス・エリソン Blata WCM +53.449
14位 トニ・エリアス Fortuna Yamaha Team +1'05.853
15位 宇川徹 Moriwaki Racing +1'09.480
16位 ロベルト・ロルフォ D’Antin MotoGP - Pramac +1'15.293
RT フランコ・バッタイーニ Blata WCM
RT ケニー・ロバーツ Team Suzuki MotoGP
RT トロイ・ベイリス Camel Honda
RT カルロス・チェカ Ducati Marlboro Team
RT 中野真矢 Kawasaki Racing Team

中野選手のリタイヤはエンジンに水が入りエンジントラブルとなったようです。

バレイティーノ・ロッシ選手(1位)
「今までのすべての優勝のなかで、今回ほど自信のなかったものはない。だから自分でも驚いているんだ。しかもヤマハに乗ってからウエットで勝ったのも初めてだから、本当に特別な勝利なんだ。セッティング面で問題があり厳しい状況だったにもかかわらず、昨晩、スタッフが夜を徹して作業を行い、おもにフロントフォークのセッティングが改善された。そして決勝ではスタートがうまくいって、すぐにトップに立つことができたのでびっくりしてしまったほどだ。コースはかなり濡れていたので集中力を切らすわけにはいかなかったが、実際には非常にスムースで、しっかりとコントロールして最後まで走りきることができたんだ。言いたいことは、ジェリー・バージェスとチームスタッフとヤマハに心から感謝しているということ。この勝利のために頑張ってくれたんだからね」

オリビエ・ジャック選手(2位)
「いきなりぶっつけ本番の中国GP。昨日まではどのセッションも自分の限界で走っていた。だって7ヶ月もバイクに乗っていなかったからね。でも今日はずっと自分のリズムで走ることができた。周りよりも速いペースがわかり、1人ずつ抜いていった。中盤には表彰台に立てると思った。さすがに最後はポジションキープが大変だったけれどね。本当に今日は奇跡が起きたような気分だ」

マルコ・メランドリ選手(3位)
「最高になるはずの週末だったが、雨のために台無しになってしまった。しかし、結果にはとても満足している。今朝のウオームアップでは、いくつかの問題を抱えて周回を重ねることができなかった。結局、レースでも序盤はいくつか問題を抱えたままだったが、9番手から順位を上げていくにつれて、自信がついてきた。終盤は速いペースで走ることができた。表彰台に上るために精一杯頑張った。優勝はできなかったが、何よりもチャンピオンシップで2位を獲得することができた。チームに感謝したい」

セテ・ジベルノー選手(4位)
「とても残念な結果だが、最後まで精一杯努力した。今大会、ドライでは一番速く走ることができた。雨のウオームアップでも一番速かったが、決勝レースでは状況がすべて変わってしまっていた。ウオームアップラップの時点でタイヤがしっくりこなく、レースでも序盤から振動があって厳しかった。最後まで安定した走行ができず、その状況下で完走するしかなかった」

マックス・ビアッジ選手(5位)
「セッティングが決まっていなかった。しかも、14番手からのスタートだったことを考えれば、まずまずの結果だった。ドライコンディションだったら、もっと悪い結果になっていたかもしれないからね。しかし、5位という順位に満足してはいられない。僕もHRCも、このポジションのためにレースを走っているわけではない。今回はコーナリングに問題を抱えていた。そのために常に限界で走らざるをえなかった。終始全力で走ったが、あまり良い結果を残すことができなかった。早急に問題を改善しないといけない」

ユルゲン・ファンデン・グールベルグ選手(6位)
「今日のパフォーマンスには、とても満足している。序盤の数周は前車の水しぶきで誰が走っているのかもわからなかった。しかし、ウオームアップで見つけたセッティングのおかげで、たくさんのライバルたちを抜き去ることができた。マシンのバランスが良かったので、タイヤもあまり消耗せずに、安定した速さを維持することができた。5番手になった時点で表彰台を狙えると思ったが、今週チームが頑張ってくれたことを考え、ポジションをキープすることに専念した。僕を歓迎してくれたチームと彼らのレースに臨む姿勢に感謝したい」

ニッキー・ヘイデン選手(9位)
「コンディションが悪くて、厳しいレースだった。スタートは良かったが、最初の数周でポジションを上げることができなかった。次第にいいリズムで走れるようになり、ペースを上げることができたので攻めに転じた。しかし、マシンに振動が出てきてペースを上げられなかった。終盤はポイントを稼ぐことを目標にした。今回のレースで得た経験を、次戦に生かしていきたい」

アレックス・バロス選手(11位)
「せっかくのチャンスを失ってしまった。ジャンプスタートによるピットスルーのペナルティでペースが崩れ、ゼロからやり直さなければならなかった。さらにバイザーが曇って見えず、毎周バイザーを開けてグローブで拭いていた。ジャンプスタートは気がつかなかった。スタートも上手くいかなかったし、序盤は後方の集団にもまれた。やっとメランドリに追いついたときに、自分がペナルティを課せられていることに気が付いた。すぐにピットに戻った。今日はチャンピオンシップでロッシに対抗できるポイントを獲得できると思っていただけに、とても残念だ。2週間後のル・マンに集中したい」

中野真矢選手(リタイヤ)
中国GPは初開催ということで、最初はコースを覚えながらの走行だった。
すごくテクニカルな部分もあり、高速コースもありと、難しいサーキットだという印象だった。
予選では10番手だったが、前の3台位とは僅差だったので、決勝での手ごたえを感じていた。
決勝は雨でレインタイヤでの走行となったが、1周でエンジンにトラブルが出てしまいリタイアとなってしまった。
今回はGP100戦目という、自分にとっては節目のレースだったのだが、1周しか走ることができなくて非常に残念だった。しかし、まだまだシーズンは長いので、次のレースではがんばりたい。
スポンサーサイト

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MotoGP 第3戦中国GP 決勝 間に合った!

GWだというのに今日も仕事
でも間に合いました。MotoGP 第3戦中国GP決勝
今G+放送中

帰り道雨でしたが、上海も雨か・・・残念
本当のGPファンからはブーイングが来るかもしれませんが
(自分も本当のGPファンだと思っていますが・・)
私の個人的な考えではMotoGPはウェットでは
今ひとつ・・というかふたつ、みっつ・・・

2輪の特性上、転倒、トラブルあまりにも多くて
ドライと結果が違いすぎるので・・

F1はというより4輪はウェットが上手いと
ドライビングが上手いと言われることもありますね
2輪でも無くは無いですが、ウェット想定の開発とか
プラクティスはほぼ無いと思われ
ウェット=イレギュラなものだと
雨の順位は普段と違いすぎていて・・・
大ちゃんもまるでだめでした。

今もロッシがトップを走っています。
他のライダーがついていけない、トラブル、ペナルティ
転倒等の波乱(想定内ですが)もありますが
他のライダーの順位を見るとレギュラーな面子ではないです。
そもそも今回のロッシも今までの流れを見ると
レギュラーポジションではないですね
(ドライなら今回は表彰台はないと感じてましたから、
かなりロッシにはラッキーでした)

アナウンサ今、間違えてますね~
中野とジャックの話
250cc時代の話で最終コーナの立ち上がりで中野を振り切って・・
違います。最終コーナー後中野をかわしてです。
まあいいやそんなこと・・・!
真矢残念でした(マシントラブルでRT)

ジャック来ました2位まであがりました。
kawasakiファンは燃えますね・・
でも仮に日本人ライダがきてもウェットだと不完全燃焼ですね
もちろん年間ランキングは重要ですが、
自分的には雨の日勝っても今ひとつ喜べない・・・・いいすぎ
(「ウェット」で、と付けてしまう)

たとえば中野くん、玉田さんが勝ったとしても
どうせウェットだし~~~~
と思っちゃう。

今ジャックが来ていますロッシに迫る勢い
でも・・・・勝っても今ひとつ素直に喜べないです。
・・・雨だし、でも皆同じ条件だ・・けど

アナウンサーはジャックの攻勢を見て
興奮を演出していますが
やっぱり冷めてしまう・・

・・・これがドライなら全く違うのですが
(自分も興奮したでしょう)
自分と違う考えの方には申し訳ないですが

実況さん!「ジャックアタック」の使い方間違ってますけど・・
(かなりつめていますがロッシを抜けないでしょう)

やっぱMotoGPは雨天延期がいいです。(特にフルウェットは)
でもそれは無理ですね・・・あっ結果出ました

ジャック・・・嫌いじゃないです。
2位はうれしいでしょうし真矢の3位記録を更新していますし
いいことですよkawasakiには・・・・・
でもやっぱり「ウェット」でと但し書きが付いてしまう。

逆に真矢がこの結果でも喜びはどうでしょう・・・
やっぱ素直に喜べたか・・・わかりませんが
これがMORIWAKIう~ちゃんなら、大殊勲なので違っていたかもしれません


↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MotoGP 第3戦 中国GP 予選結果(ネタバレ注)

今日は仕事でしたが・・G+の放送に間に合いました。
MotoGP第3戦中国GP予選

スタジオゲストは辻本さんで始まりました。
開始時のコンディションはドライですが
雨が降り出すかもしれないとの事
それにより、いつもの最後の最後でプッシュプッシュではなく
早い段階でタイムを削ってくる可能性がある。
いつもと違う展開かも。
(去年は2日間、予選あったから天気悪いとアタックしなかったりした)

・・45分経過・・
天気はもちそうですね・・いつもと変わらないアタックになりそうです
ビアッジがあがりませんね。ロッシも・・・
残り3分始まりました。本当の予選開始
ホプキンスがきました。3位
まだまだきますよ~
メランドリ、セテきてます。
マルコメ、セテ2分きりました。
セテやめた~
バレ5位か?
~~~~~~~~~~~~~~
結果
1位せて
2位まるこめ
3位カピ
4位ホプキンス
5位ヘイデン
6位ロッシ

10位真矢
11位バロス
14位ビアッジ
15位ジャック
18位う~ちゃん
19位グールベルグ

いまいち燃えない予選でした。
なぜだろう???
放送のせいかなぁ~
NHKの田中さんの実況なら違ったのかな??

MotoGPは以前に比べて予選の重要性は重くなってきたけど
やっぱり決勝のコンディションが重要だから
F1ほどのプライオリティはないですね

見るほうも決勝に力を残しておかないと・・・



↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MotoGP 第3戦中国GP FP2の結果

上海で行われている。MotoGP第3戦中国GPのFP2(フリープラクティス2の結果がでています。

なんと
1位 K・ロバーツ
2位 A・バロス
3位 S・ジベルナウ
4位 T・ベイリス
5位 M・ビアッジ
6位 V・ロッシ
7位 M・メランドリ
10位 T・エイリアス
11位 F・バッタイーニ
12位 O・ジャック
14位 T・宇川
16位 N・ヘイデン
19位 S・中野
なんだ???この結果はと思っていたら
ウェットコンディションでした。

気の利いたコメントなしで失礼します・・・
明日仕事で早いので・・残念です。
後はにこらすさんに頑張っていただきましょう。

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MotoGP第3戦中国GP開幕!

いよいよMotoGP 第3戦中国GPが開幕しました。
今MotoGPクラスのFP1(フリー走行1)が行われています。
(motogp.comのLiveTimingって以前よりつながりやすくなったようです)
今回は玉田選手がいないので、中野選手(今回GP参戦100目)、宇川選手に頑張ってもらいましょう。

FP1の結果がでました。
1位 N・へイデン
2位 M・メランドリ
3位 S・ジベルナウ
4位 C・チェカ
5位 V・ロッシ
6位 L・カピロッシ
7位 A・バロス
8位 K・ロバーツ
9位 J・ホプキンス
10位 T・ベイリス
11位 M・ビアッジ
12位 S・中野
15位 O・ジャック(代ホフマン)
17位 T・宇川(ワイルドカード)
20位 グールベルグ(代玉田)

china.jpg



↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

MotoGP 中国GPを前に

MotoGP 中国GPは来週5/1決勝ですが、先週のポルトガルGP予選中
ハイサイドで転倒しそのダメージのため決勝をキャンセルした玉田誠選手。現在、右手首を固定し回復を待っている状況のようです。
来週の再診断にてOKが出れば、中国GPに参加する模様。

MotoGP元レギュラーライダー宇川選手が今回の中国GPに
モリワキエンジニアリングよりMD211VFにてワイルドカード参戦します。
MotoGPはほぼワークス&サテライトチームで占められています。
その中でやはりプライベートチームは苦しい戦いとなるのでしょうが、頑張ってもらいたいですね。
モリワキ&ヨシムラは思い入れがあるのでなおさらです。
(大昔、鈴鹿耐久4時間レースでのモリワキCBX+宮城光さんの走りはまだ目に焼きついています。)

kawasakiホフマン選手の怪我による欠場により、オリビエ・ジャック選手が代役として出場します。
久々にジャックアタックがでるでしょうか?
これでkawasakiは中野真矢選手とオリビエ・ジャック選手のエントリーとなるので、YAMAHA Tech3時代のコンビが復活。

中野選手はジャックとはいい関係だし、なれたコンビなので余計な神経を使わずレースに集中できますね。
(中野選手は、250ccチャンピオンシップで最終の最終にジャックにかわされ惜しくも年間タイトルを逃しています。Live中継を見ていましたが、本当に残念で悔しかったのを覚えています。最終戦、最終ラップのゴール手前数メートルで抜かれてしまいました。ゴール通過時点でフロントタイヤ半分も差がなかった・・・・)

中野選手の昔の話題を書いていて思いますが、以前の250ccって見ていて面白かったし燃えましたね。
中野選手vs.O・ジャック選手、大ちゃんvs.原田選手、原田選手vs.カピロッシ、まだまだあります。実際見に行き強烈だったのが、大ちゃんvs.中野選手(2000モテギ)ですね。
このことはまたあらためて書きます。

残念ですが、今の250ccは・・・・・・・

来週の中国GPが普通に何事もなく終了する事を願ってます。
結構心配・・・

↓バレンティーノ・ロッシ グッズのアフリエイトリンクです。

もっともっとMotoGP TOP↑

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。